現代人の救世主の青汁

野菜は体に良い。というのはある程度の年齢の方ならご存知でしょう。しかし、自分は十分野菜を取っていると断言できる方は少ないのではないでしょうか。昨今は外食産業も多いですし、ファーストフードを利用する方も多いと思います。スポーツ選手の方など体調管理をしてくれる人がいる方や、栄養士さんが常駐している食堂でご飯を毎日三食食べている方であればほぼ野菜不足はないと考えられますが、一般の方の場合はついお手軽に食事をとられている方が多いのではないでしょうか。その結果野菜不足になってしまっていると思います。中には大丈夫しっかり野菜は取っているという方もいらっしゃると思いますが、本当に毎日野菜をとっていますか。厚生労働省では野菜の目標摂取量は1日350グラムとされていますので、結構多い量と言えます。小皿5皿分が350グラムとされていますので、朝昼晩きちんと野菜を1皿から2皿ずつとっていないと足りないという事になります。いかがでしょうかとっていますか。朝は食べない。お昼はラーメン。夜は居酒屋。という悪循環の方は特に野菜不足になっているのではないでしょうか。そのような方は青汁で野菜不足の解消のお手伝いをしてみてはいかがでしょうか。毎日少しずつでも食生活を変える事で、健康の体を手に入れる事ができるのです。何日か青汁を飲み続ける事で体の変化にきっと気がついて、健康のありがたさを感じる事ができると思います。青汁は現代人にとって救世主と言えるのかもしれません。

コメント

コメントを受け付けておりません。