現代人に必要な栄養素

野菜を沢山食べることは体にとっていいことは誰でも知っている事でしょう。厚生労働省が推進している野菜の理想摂取量は15歳以上で一日に350gといわれています。そのうち緑黄色野菜の摂取目標量は120gもあるのです。野菜に含まれているビタミンやミネラルのほとんどは体内で合成できない成分といわれていますが、実際に調理の段階で洗っただけで流れていく成分もありますし、加熱することで減少する成分もあるのです。ですから、一日に必要な栄養素といわれた場合に理想通りに食事から取り入れることはとても大変なことです。しかも、1人暮らしなどで料理をしないとなるとどうしても野菜が不足しがちなことはよく言われています。では、どのように取り入れるのかというときに、青汁を飲むということも一つの方法といえるでしょう。青汁とは健康食品の一つで、ケールや大麦若葉のうような緑葉野菜を絞った汁のことです。青汁を飲むことで野菜を食べたときに摂れる栄養素のビタミンやミネラルが手軽にしかもきちんと摂取できるのです。ミネラルは身体の構成材料として働いてくれますので、育ち盛りの子供にも適しています。また、青汁には食物繊維も含まれていることが多いので便秘の改善という効果もあります。しかし、何よりも、偏りがちな食事のバランスをとるという面で青汁を活用してもいいのではないでしょうか。もちろん、青汁だけに頼らず、きちんと野菜を食べることも必要です。しかし、バランスのとれた食生活を考えた時に青汁はよい方法のひとつといえるでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。