青汁が身体にとても良いことはご存知ですよね?

野菜は生で摂取するのが理想的ですね。健康な身体に野菜は不可欠といっても良いくらいです。しかし、加熱などの調理をすることで、大事な栄養分であるビタミンやミネラルを壊してしまうことはよく知られています。ですが、成人の理想摂取量は結構な量ですから、生野菜だけをお腹いっぱい食べることは難しいことです。一日ぐらいは何とかなっても、続けるには無理があります。そこで、健康補助食品である、青汁を加えてはどうでしょう? サプリメントや食品など、多くのメーカーが様々な補助食品を販売しています。その中で、青汁は野菜をそのまま凝縮して作られている、そんな気がしませんか? ずっと以前のことになりますが、俳優さんがCMで「不味い もう一杯」と言っていた青汁です。あの頃は本当に不味かった。でも今では、はちみつ入りや顆粒のものができて、他のジュースや食品と混ぜていくらでも美味しく、自分の好みの味にして飲むことができるようになりました。まさに、不味くない(美味しい)青汁というわけです。素材も、ケールや明日葉・大麦若葉などの葉類に加え、漢方薬やプラセンタ、最近では鍬の葉なども登場してくるようです。人によっては、副作用などを及ぼす成分が含まれている場合がありますから、成分表はきちんと確認しましょう。本来、自然のものに含まれる栄養分は身体に良いわけですから、改良を加えられた青汁が、さらに身体に良いことは容易に想像できます。今のままの食生活に青汁をプラスすることで、より健康な食生活が実現できますね。

コメント

コメントを受け付けておりません。